コラム
Cottea、初めて韓国人向けにコーヒーセミナーを開いてみた!
2019.11.01

 

コーヒーセミナー by Cottea 10/20

 

 

 

こんにちは。Cottea です。

 

 

10月20日、東京で行われている韓国人の読書会『本本本、本をよみましょう東京』にて、セミナーを開きました。今回の記事はそのセミナーの記録です。

 

 

 

コーヒーを飲む人たちはそれぞれ固有のライフスタイルを持っています。

 

 

その中でも特に、コーヒーが好きな人たちの中には本が好きな人が多いです。

 

逆に、本が好きだから、コーヒーが好き、という人も多いです

 

本を読みながら飲むコーヒー。その一杯は特別な時間をもたらしてくれます。

 

そんなコーヒー好きな人たちの中では、自然と「コーヒーについてもっと知りたい」という欲求が生まれることも少なくありません。

 

 

しかし、日常においてコーヒーに関する専門的な知識に接することはなかなか簡単ではありません。そういったことから、Cotteaでは『本本本、本をよみましょう東京』からの依頼を受け、セミナーを開くことになりました。

 

 

なので、このセミナーの内容は専門家向けではなく、一般の方を対象としたものになっています。

 

 

 

【セミナー内容】

 

 

 

第1部

コーヒー全般に対する理解

 

コーヒーの起源と発展

 

コーヒーの味にはどのようなものがあるか

 

コーヒー味に影響する要素

 

抽出機構

 

 

第2部

体験してみましょう

 

クラバードリッパーで実際にコーヒーを入れてみましょう

 

「ペアリングって実際存在する?」デザートと合わせて食べてみましょう

 

 

第3部

よくある質問

 

浅煎り・中煎り・深煎り、その基準は?

 

コーヒー豆は何日までおいしい?

 

コーヒーの保存方法。

 

ーヒーボディってなに?。

 

コーヒー豆を選ぶ方法。

 

Q&Aタイム

 

 

 

 

第1部


 

 

 

 

 

第1部は、全てが理論と知識で構成されています。

 

難しくて退屈にならないかと心配していましたが、みなさん楽しんで聞いてくれました。

 

 

 

 

第2部


 

 

 

第2部は実習でした。

 

実際にクラバードリッパーを利用して抽出を学びました。さらに自分が入れたコーヒーを飲みながら、デザートと一緒に、フードペアリングも体験しました。

 

 

 

この第2部が今回のセミナーで一番盛り上がった時間でした。

 

 

クラバーはCotteaがメインで使用しているドリッパーの名称です。

 

メインで使う理由はクラバーが、簡単に均一な味を抽出することができるからです。

 

 

 

しかし、今回、実習をしながら「クラバーでも抽出を難しく感じる方も多い」ということに気づきました。

 

ハリオやカリタなどの他のハンドドリップと比べてみると、かなり簡単だろうと考えていたのですが、やはりハンドドリップは多くの人々にとってまだハードルが高いようです。

 

一般の方々にハンドドリップを手軽に楽しんでもらうためにも、より簡単な抽出方法を模索する必要性を感じました。

 

 

 

フードペアリングにおいて、今回用意したデザートは、ブラウニ・クッキー・クロワッサンの3つでした。ちなみに、持って行ったコーヒー豆も3種類。

 

Cotteaによる研究でマッチするという結論に至ったデザートと豆のペアを3種類用意しました。

 

このペアリング、研究による結果で考案されたものではありますが、あくまで味覚は人それぞれ。

 

「合う」コーヒーとデザートの組み合わせが、人によっては違うこともあると思います。

 

時間があったら、実際にどう感じたのか聞いて見たかったのですが、今回は残念ながら、時間が足りず聞くことができませんでした。

 

次に機会があったら是非意見を聞きたいと思います。

 

 

 

 

第3部


 

 

 

第3部はよくある質問とQ&Aタイムでした。

 

Cotteaが準備したよくある質問は以下の通りです。

 

実際にセミナー中にも以下の質問に該当する内容を聞かれたことも多かったです。

 

浅煎り・中煎り・深煎り、その基準は?

->クリック

 

 

コーヒー豆は何日までおいしい?

->クリック

 

 

コーヒーの保存方法。

->クリック

 

 

コーヒーボディってなに?

->クリック

 

 

コーヒー豆を選ぶ方法

->クリック

 

Q&Aタイム

 

*回答はCotteaのブログに記載されています。

 

質問にが気になる方は、それぞれの質問をクリックして回答を見てください。

 

Q&Aタイムでの質問が意外と多く、驚きました。その中で 10個ほど質問に答えました。

 

「焙煎度合いを変えることによって、カフェイン量も調節できますか? 」

 

「抽出のお湯は何度ぐらいが一番いいですか?」

 

「水が軟水か硬水かによって味が変わりますか?」

 

などなど、かなりディープな質問も多かったです。

 

 

 

 

このような感じで、約2時間にわたるセミナーを行いました。

 

皆さんと一緒に知識を共有する、そして、皆さんに一歩近づき、お客様の立場で考える、という貴重な時間を過ごせたことが、Cotteaとしてはとても幸せでした。

 

 

機会があれば、次はCotteaをご利用いただいた方を対象にセミナーを開きたいと考えています。

 

内容に関して、皆さんのご要望などもお待ちしております。

 

 

それでは、今回もお読みいただき、ありがとうございました。