A2| ニカラグア リモンシージョ 中煎り
商品内容
ミルクのような口当たり、フローラルな香りとココアや黒糖のような甘味、ナッツ系の香ばしさがあります。
(0)
どのタイプでご注文されますか?
ドリップバッグ
豆を挽きますか?
豆のまま
ドリップ用
どれくらいご注文されますか?
100g
810円
200g
1,620円
300g
2,430円
400g
3,240円
5個
700円
10個
1,400円
15個
2,100円
20個
2,800円
1L
650円
2L
1,300円
3l
1,950円
4l
2,600円
  • 表示価格は全て税抜価格です
やわらかな甘さでどこか温かみを感じる味わい

A2

ニカラグア リモンシージョ 中煎り

ナッツやココアの甘さを感じるコーヒー

今回のA2はナッツとココアの香りを持ったミルクチョコレートのような甘味が特徴です。バランスの取れたスペシャルティコーヒーの甘味を感じたい方におすすめです。

甘さを引き立てる「あんパン」

今回A2に合う食べものは「あんパン」です。あずきの甘さとA2のナッツとココア系の甘さが混じり合うことで更に甘さを引き立ててくれます。苦くないコーヒーと甘いもののコラボレーションで優しい甘味を味わってください。

ニカラグア リモンシージョ コーヒーの特徴

中米に位置するコーヒー大国、ニカラグア。1800年頃から本格的にコーヒー栽培が始められ、現在ではニカラグア経済を支える主要産業にもなっています。大規模なコーヒー農園が多くここリモンシージョ農園は171ha(東京ドーム約30個分)もある他、標高は約1000mと比較的低く、山奥の山林に位置し豊富な水資源と湿度が特徴的。農園主のエルウィンさんは農園主でありながら精製工程を行うウェットミル・ドライミルの両方を所有している他、コーヒー生産過程に多くの工夫を凝らしていること、そしてプライベートオークションも実施されたことから、今やニカラグアを代表するコーヒー農園となっています。品種であるジャバニカ種は水洗処理で上品な甘さを引き出しており、2008年にはCOE(Cup Of Excellence)にて2位を獲得しました。

クレーバードリッパーの淹れ方ガイド

中煎り

レビュー