CB_C4B4| エチオピア シダモ 中煎り/インドネシア ムンテ 深煎り
商品内容
「B4 インドネシア ムンテ 深煎り」「C4 エチオピア シダモ 中煎り」のコールドブリューコーヒー コールドブリューコーヒー
(0)
どれくらいご注文されますか?
100g
810円
200g
1,620円
300g
2,430円
400g
3,240円
5個
700円
10個
1,400円
15個
2,100円
20個
2,800円
1L
650円
2L
1,300円
3l
1,950円
4l
2,600円
1セット
2,500円
2セット
5,000円
3セット
7,500円
4セット
10,000円
  • 表示価格は全て税抜価格です

B4

インドネシア ムンテ 深煎り

長く残る苦味を楽しむ。

アイスコーヒーも深煎りがお好みの方におすすめです。 今回のB4はそのガスが弾けた時にスパイス系のハーブのような香り、また一口飲んだ時にはカカオ100%で感じるようなしっかりした苦味があります。

コールドブリューコーヒーとは?

コーヒー粉を水に入れ、長時間にわたって徐々に抽出したコーヒーをコールドブリューと言います。抽出はコーヒー豆によって、その最適な抽出時間と挽き目は変わります。 Cotteaではそれぞれのコーヒー豆に合う最適な挽き目やおすすめの抽出時間が記載された淹れ方ガイドを提供しています。

コールドブリューは熱による変化がないため、柔らかい味が特徴です。ドリップコーヒーと比べると重いボディ(口当たり)、甘み、コーヒー豆が持つ香りなど、特徴がよく表れますが、熱による変化がないため苦味は少なくなります。

 

暑い夏に冷たいコーヒーが欲しくなる時、冷蔵庫に予め用意しておいたコールドブリューを思いだすと早く家に帰りたくなるでしょう。氷いっぱい入っているコップにコールドブリューを注いで冷たくなったコップを取って一口飲むと、冷えたコーヒーがノドを通り過ぎて胸に染み込みます。そして、胸から鼻に通るように深い香りがたちます。驚かないでください。この独特な味がコールドブリューの特徴です。いつの間にかコップには半分ぐらい溶けた氷だけが残っていますね。ものたりない気持ちでもう一杯コーヒーを注ぎます。ある夏の夜、眠れないの日にはコールドブリューを飲みすぎていないか振り返ってみてください。

 

コールドフリューどうやって飲むの?

コールドフリューを活用した簡易レシピ!


コールドブリュー作り方ガイド

深煎り

C4

エチオピア シダモ 中煎り

酸味系のコーヒーでもしっかりしたボディ。

コーヒーの酸味はいろんな種類がありまが、大きく分けて酸化や過少抽出のネガティブな酸味とシトラスやベリー系のフルーツ感のあるポジティブな酸味です。フルーツ系の酸味があるコーヒーは浅煎りが多くあっさりしている傾向がありますが、今回のC4はフルーツ系の酸味を維持しながらもしっかりしたボディでメープルシロップのような甘味を表現しています。

酸味のあるコーヒーが好きな方に一度お試しいただきたい味です。 


コールドブリュー作り方ガイド

中煎り

レビュー