D3| ルワンダ バフ 中煎り
商品内容
ミルクティーの口当たり、キャラメルの甘味、プルーンやレモンの酸味です。
(0)
どのタイプでご注文されますか?
ドリップバッグ
豆を挽きますか?
豆のまま
ドリップ用
どれくらいご注文されますか?
100g
810円
200g
1,620円
300g
2,430円
400g
3,240円
5個
700円
10個
1,400円
15個
2,100円
20個
2,800円
1L
650円
2L
1,300円
3l
1,950円
4l
2,600円
  • 表示価格は全て税抜価格です
苦味と酸味を感じるシャープな存在感のある味わい

D3

ルワンダ バフ 中煎り

コクのあるシトラス系の酸味

シトラス系の酸味は浅煎りのさっぱりしたコーヒーで味わうことが多いですが、今回のD3ではコクのある程よい苦味と一緒にシトラス系の酸味を味わえることができます。いつもの酸味と少し違った味をご堪能ください

甘味と塩辛さの永遠ループ

甘いものと塩辛いものを交互に食べると飽きずに永遠に食べ続けられる気がしますが、そのマリアージュがこのD3とカスタードシュークリームでも発見できました。一度食べ始めると止まらない。コーヒーとカスタードクリームの永遠ループです。

ルワンダ バフコーヒーの特徴

アフリカ中央部に位置し、「千の丘の国」と称されるほど美しい国ルワンダ。その南部に位置する南ニャマガベ、ニャルシザCWSはルワンダのコーヒー生産の先駆者であるバフコーヒーによって2007年に開設されました。標高1800m~2000mで栽培されたコーヒー豆は豊かな森林と土壌、そして水資源を持ち、この環境下を利用した伝統的な水洗処理によってジューシーで明るい風味を引き出しています。雨や直射日光も多いことから屋根付きの乾燥棚を用いるなど工夫を凝らして品質管理に取り組んでいる他、CWSの創始者であるムカシャ女史はそこで働く人の待遇改善やルワンダのインフラや教育への寄付なども行っています。働く人たちとその家族の食事のためにコーヒー以外にもトウモロコシや豆が栽培されています。

クレーバードリッパーの淹れ方ガイド

中煎り

レビュー