C3| ケニア キアンジュキ AB 中煎り
商品内容
さっぱりした口当たり、青リンゴの香り、レモンのような酸味、ブラウンシュガーの甘味です。
(0)
どのタイプでご注文されますか?
ドリップバッグ
豆を挽きますか?
豆のまま
ドリップ用
どれくらいご注文されますか?
100g
810円
200g
1,620円
300g
2,430円
400g
3,240円
5個
700円
10個
1,400円
15個
2,100円
20個
2,800円
1L
650円
2L
1,300円
3l
1,950円
4l
2,600円
  • 表示価格は全て税抜価格です
爽やかでフルーティな済んだ青空のような味わい

C3

ケニア キアンジュキ AB 中煎り

きわたつレモンの酸味の後に来るブラウンシュガーの甘味

最初の一飲みからレモンのような酸味が刺激を与えてくれます。飲み終わった時から口の中はブラウンシュガーのような甘味が仄かに残り、鼻からは青リンゴの香りが抜けていきます。さっぱりした質感と独特な酸味から口の中をスッキリしたい時におすすめです。

コーヒーとチーズ?!

ワインのマリアージュでよく登場するチーズですが、コーヒーにもお試しください。産地、品種、発酵などコーヒーとワインは実は似ている部分が多くあります。コーヒーと楽しむ時は香りの強いチーズより、シンプルなチーズと召し上がることをおすすめします。

ケニア キアンジュキ コーヒーの特徴

アフリカ東部ケニアの首都ナイロビの北東に位置するエンブ県。その中のベテランファクトリーの一つがキアンジュキ・ファクトリーです。1964年にコーヒー栽培が始まって以降、周辺の農家から毎年のようにコーヒーチェリーが運ばれてきます。標高約1800m~2000mの間で主に育てられており、ケニアの中では比較的標高の高い方ですが、日照時間の長さから温暖な気候であり、肥沃な火山灰土壌にも恵まれています。精製はケニアプロセスという方法で行っており、スッキリとした明るい風味が感じられます。手の込んだ選別と農家・ファクトリー間の協力で常に品質の向上を目指しています。

クレーバードリッパーの淹れ方ガイド

浅煎り

レビュー